肝臓の働き

男性

肝臓は、500種類以上の仕事を黙々とこなしていると言われています。肝臓の主な機能は、体内に入ってくる栄養を体に吸収させて、毒性がある物が入ってくるとそれを消毒する効果もあります。再生能力や障害に強い上、病状が悪化してもあまり痛みを耐えないことから「沈黙器」とも呼ばれています。しかし、そんな肝臓に甘えてアルコールやバランスが乱れた食事などをしていると肝臓が回復できないというところまで、傷ついてしまう所があります。そんなことが無いように、肝臓に関しては定期的に肝臓数値の診断を受けて、自分の数値を確認して、数値が悪いと食事のバランスなどを考えてアルコールも控えましょう。少し不安な人は、診断をしてもらいましょう。

肝臓の正常な動きは、ALTやASTなどの正常な活動してエネルギー代謝を続けられます。しかし、そこに入る邪魔者のアルコールや過食はとても知らない内に肝臓を傷つけて閉まっています。そのため、肝臓の数値を把握しておかないと、もしかしたら大変なことになる可能性があるのです。肝臓の数値は、大切にしましょう。アルコールを摂り過ぎると、数値が高くなることで、肝臓は弱くなりとても病気になりやすくなります。肝臓が傷ついていることは、自覚症状がないため大変危険です。自分でもアルコールを摂取しすぎていると思ったら、すぐに検査しに病院にいくことが大切です。そのまま放っておくととても、病気になりやすく、体にも支障が出るので気をつけましょう。